2009年11月05日

〜また今度に(汗〜


おっす、オラクロブチめがね!!今日もちびちび更新したいと思いま

す。

しかし、三日も連続で更新できていることに自分が一番驚いています。

いや、オーディオ関係という趣味を見つけられて本当に良かったZe(嬉

さて昨日から続いているヘッドフォンの比較ですが、

昨日考えていたよりも自分の記憶の劣化が酷くちょっと正確なイメージ

が思い出せないので、また今度にしたいと思います(涙。

いや、オーディオテクニカに比べてゼンハイザーの方が印象が

弱いとかそういうのじゃないんですよ?

単純に時間の経過で自分のイメージが劣化してるだけですよ?

まあ言い訳はこの辺にしてまた今度近いうちにゼンハイザーは試聴に行

ってきます。その時に比較はしたいと思います。

では今日はこの辺で失礼します。

     アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!          
posted by クロブチめがね at 01:02 | ☔ | Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

〜ヘッドフォンの聞き比べ〜

ふう、なんか更新間隔が片や前回から四ヶ月音信不通ときながら、

次の更新はその一日後という不定期っぷりな更新を平気でする

此処の管理人ことクロブチめがねです。こんにちわ。m(。_ 。)m

いやーなんかブログ復活してから一日後にまた更新とか後が続かなくな

りそうでマジ怖いZe!

まあ、ちょうど今日此処に書こうかな〜と思う

ことあったしー、後の更新間隔を気にして書く記事があるのに書かな

いのはちょっと嫌だなーとか軽いノリでこの記事書いてます(笑。


〜ココから今日のこと〜

さて今日のお題はオーディオ関係のヘッドフォンです。

なぜ急にヘッドフォンかというと、今自分はipodで音楽を聴いているの

ですが、この前友達Oと遊んでいるときに、そのOが持っていた

SONYのウォークマンとヘッドフォンの音を聞いたのですが、

え?、ちょっと何それ音がぜんぜん違うじゃん!!Σ(゜д ゜)←オレ

という感じになるほどいつも自分が聞いている携帯プレイヤーとの音の

違いがあることに驚き、自分もそんな音で音楽を聞きたくなってしま

い。最近日夜オーディオ関係でヘッドフォンを調べ漁っていたのでし

た。

なので、今日はタイトルから分かるようにヘッドフォンの聞き比べに行

って来ました。\(・∀・)

まあ、感想としては……『ヘッドフォン超スゲー』

この一言に尽きます。今回自分が試聴しに行った音響屋さん?は

地元の家電量販店の中に小さな区画だけ間借りしているような小さな

ところだったので試聴できるヘッドフォンの数はあまり無かったのです

が、その音響屋さん?の区画だけ天井までの壁で囲われていたので、

他の家電量販店のようにオーディオコーナーの壁にヘッドフォンが掛か

っていて、そこから聞くようなタイプでは無かったので、ヘッドフォン

以外の音に気を使わないで集中して音を聞けたし、ココは音響屋さん?

だからなのでしょうが、ヘッドフォンから流している音楽も一般の

家電量販店とは違いちゃんとしたヘッドフォンアンプを通して音楽を流

していたのでしっかりとヘッドフォンの違いを感じることができまし

た。

それで今回主に試聴したのは、オーディオテクニカのATH-AD700

ATH-AD900 ATH-AD1000とゼンハイザーのHD515 HD555で、視聴用に

流れていた音楽は詳しくは分からないのですが(汗、

バイオリンのクラシックとオーケストラと、男性歌手のオペラでした。

そして肝心の聞き比べた感想ですが、

オーテクのADシリーズは、まずAD700とAD900は素人の自分でも高音域の

違いがはっきり分かりました。自分の主なオーディオ関係の情報源は

価格ドットコムのクチコミ板や評価板で、そこでは高音域の評価には

よく音が伸びる、伸びないといった評価の仕方なのですが、

この二つでの比較ではAD700が音が伸びる伸びない以前に、

オーケストラの高音域の音をしっかりと表現し切れていないようでし

た。具体的には、AD900は高音域の音でも音で楽器がはっきり分かる

レベルで、AD700は高音域の楽器どうしの音が混ざってしまい、

ごちゃごちゃした感じになってしまってました。

しかしAD700、AD900ともにバイオリン単体の音の場合は、やはり

AD900のほうが音の解像や出力など全体的にいい音を出しているのです

が、音のフェードイン、フェードアウトはさすがオープンエアーと言う

べきか両ヘッドフォンともに綺麗に耳元を音が抜けて行ってくれまし

た。

男性歌手のオペラはどちらかと言うと、中〜低音域の音でした。

そしてAD700とAD900では、中〜低音域は先ほどかからの、高音域ほどの

差は感じられませんでした。感じとしては、音はしっかりと

通るのですが、音自体に厚みをあんまり感じることができませんでし

た。

次にAD900とAD1000の比較ですが、この二つはすごく難しかったです。

何が難しかったかというと、まずオーケストラとバイオリンの

高音域重視の比較ですが、正直素人の自分には音の差を感じることが

あまりできませんでした。しかし、AD1000のほうで集中して聞くと

小さな音までしっかりと表現できていて、出せる音が多彩でその分

音に厚みが出ているような感じです。

そして中〜低音域に関しては、やはり集中して聞いてみると、先に書い

たように音に厚みのあるAD1000に軍配があると感じました。

AD900とAD1000との比較はこんな感じでした。しかしAD900とAD1000に関

してこの比較の感想は、自分にはちょっとオーバーリアクション気味

で、やはり自分が素人だと感じさせられる比較でした。

ふう、オーテクのATH-ADシリーズだけでこんなに書いてしまった(驚。

この次のゼンハイザーのHDシリーズの比較を書きたいのですけど、

さすがにもう指が疲れたので続きは明日更新したいと思うっすm(。。)m

では今日はこのへんで失礼するZe \(゜∀ ゜)/

     アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!          
posted by クロブチめがね at 00:55 | ☔ | Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする